臥薪嘗胆の「胆」は何なのでしょうか?
苦いと言うのは分かっていますが、
具体的にどの動物の内臓なのか中坊進二は知りません。
オオサンショウウオなのか、豚なのか、
狼なのか、人間なのか、サッパリ分かりません。
というか、腐らないのでしょうか?
それとも、3日おきに新しい胆を用意したのでしょうか?

苦い食べ物は色々あります。
例えば、中坊進二はビールを飲めません。
厳密には摂取可能ですが、
未だあの味を「苦い」と感じて受け付けないのです。
臥薪嘗胆の気構えを持てば飲めますが、
そこまでの苦行を日常的にしたいと、中坊進二は思いません。

beer

日本で生産されているビールは、
二条大麦、六条大麦、ハダカムギが多いと言われています。
しかし中坊進二はビールの製造方法を知りません。
あんな稲穂を垂らした植物から、
なにをどうやって麦汁を抽出するのでしょうか?
水に溶かして絞れば出てくるのでしょうか?
むしろ、そうした麦汁でしたら、中坊進二も飲めそうです。
アルコールが苦手ですが、
発酵前でしたら中坊進二も酔わずに飲めそうです。
それどころか、あまりのマズさで気付けに良いかも。

barley

業務中にノンアルコールビールを飲むと停職されます。
しかし、アルコールが完全に0の麦を絞っただけのものを炭酸で割っただけなら、
大丈夫かもしれません。
中坊進二は食後、とにかく眠くなりますが、
こうした刺激の強いものを摂取すれば、
かなり良い眠気覚ましになると考えています。
コーヒーに関しても、不味ければ不味いほど良いと思っています。
ただし、あまりに不味いと健康に悪くなることもあります。
いくら不味いからって、重曹を大量に摂取するのはダメですよ。

coffee

お茶やハーブといったように、
人類は葉っぱをお湯で溶かしたものを良く飲んでいます。
発酵処理とかもしていますが、
こうした植物を飲み物にすることはよくあるのです。
中坊進二がよく飲んでいるコーヒーだって、
元をただせば植物ですよね。
果実系のジュースも当然、植物由来となります。
むしろ、植物じゃないものは、
天然水か牛乳くらいではないでしょうか?
ちなみに、異性化糖は植物由来です。
たぶん、コーンスターチが使われています。

cornstarch

最近知ったのですが、苦くないビールというのがあるそうです。
でもそれはフルーツをたくさん使っているだけなので、
ビールと呼んでいいのかかなり謎です。
ベルギー産のホワイトエールで作られたエールは
苦味がほとんどないと言われていますが、
どんな味がするのか中坊進二はとても気になっています。