味の元スタジアムでブラインドサッカーの決勝と三位決定戦が行われました。
ブラインドの名の通り、目が見えない方が行うサッカーですが、
アイマスクを付ければ晴眼者も参加することが可能です。
音が出るサッカーボールを頼りに、競技者は耳だけを頼りにサッカーをします。
ゴールキーパーは晴眼者や弱視者が担当しますが、
競技中に人と人がぶつからないのか、中坊進二はかなり気になっています。
それとも、アメフトみたいにぶつかるのが当たり前なスポーツなのでしょうか?
あと、スイカ割のように監督やガイドも音声で指示できるみたいです。
ゴールの位置もガイドに従ってシュートする感じですね。

blindsoccer

ところでこうしたブラインド系のスポーツはどこまで可能なのでしょうか?
中坊進二が軽く調べてみたところ、ソフトボール、バレーボール、
卓球、テニス、ゴルフ、相撲、柔道、スキー、
マラソン、走り幅跳びなどがあるみたいです。
中坊進二はあまりパラリンピックを見ませんが、
こうしたスポーツが行われているのかもしれませんね。
あとスポーツではありませんが、盲将棋盲麻雀もあります。
中坊進二も現役の頃は、目隠しで将棋が出来たものです。
でも、複雑な盤面になると中坊進二はトチります。

moushogi

では、上記以外のスポーツはブラインドでは出来ないのでしょうか?
アメフト、ラグビー、剣道、水泳、囲碁などは目隠しでは出来ないのでしょうか?
前者2つは危険なので無理だと中坊進二は思っていますが、
やりようによってはブラインドでも出来るスポーツはかなり多そうです。
例えば、フリークライミングもラグビー並に危険と言われていますが、
室内でのボルダリングでしたら安全性が確保されていますので、
ブラインドクライミングというものがあり、世界大会も存在します。
2010年には習志野市で世界大会が開催されていたそうです。
ブラインドスイミングもパラリンピックの競技でありましたね。
剣道は競技者自体が少ないので、
流石にブラインドでやっている方は見つけられませんでした。
柔道と違って剣道には「間合い」が存在しますので、
それを測るすべを持たないと、
ブラインド剣道は成立しないと中坊進二は考えます。
ブラインドサッカーのように、竹刀に鈴でも付ければ出来そうですね。

blindswimming

ブラインドだと出来ないスポーツは、スピードを求められるものでしょうか?
マラソンや水泳もある意味スピードを求めますが、
コースアウトをすることはほぼありませんし、
走り幅跳びはタイミングを間違えても大きな事故にはなりません。
しかし、プールの飛び込み(ジャンプ)やスキージャンプは、
一瞬でもタイミングを間違えると大怪我に繋がります。
そういった競技はブラインドでは無理だと中坊進二は考えます。
アーチェリーも無理だと中坊進二は思っていましたが、
驚くべきことにブラインドアーチェリーというのが普通にありました。
弱視はもちろん、全盲の方も参加できるみたいです。

archery