最近、中坊進二は茶殻自販機という存在を知りました。
この名称だけだと、茶殻を売る自動販売機だと勘違いしそうですが、
実際は「茶殻で作った自販機」になります。
売るのは普通のジュースで、外観の素材に茶殻が練り込まれているのです。
なかなか面白い取り組みだと中坊進二は思います。

chagara

茶殻自動販売機を作るようになった契機ですが、
茶殻の需要が減ったからになります。
今までは堆肥として茶殻を使っていましたが、
堆肥として使う機会が少なくなり、
このままではゴミになるしかありませんでした。
そこで他に有効活用はないかと研究を重ね、
茶殻リサイクル品として「茶殻配合シート」を作ることに成功したのです。
自動販売機の表面にこのシートを覆うことで、
温度上昇を10度も抑えることが出来ます。
普通の自動販売機は、夏日には表面温度が平気で60度を超え、
中のジュースを冷やすのに多大な電気を必要としていました。

chagarasheet

しかし、この茶殻シートを導入することで、
その温度を下げることが出来るのです。
電気代を節約することはかなり重要だと中坊進二は考えます。
また、お茶特有の性質として抗菌作用もあり、
病院などでも導入が検討されているとのこと。
シート以外にも、サンダルやプランナー、名刺に封筒など、
色々なところで茶殻は注目されているそうです。
近い内に中坊進二が普段使っている製品にも、
茶殻が混ぜ込まれるようになるかもしれませんね。
茶殻入りの衣類とかいかがでしょうか?

sandals

茶殻はそのまま捨ててしまうことが多いです。
しかし茶殻は色々な方法で活用させることが可能です。
最もシンプルなのは、茶殻を食べることでしょうか。
中坊進二は浅草で「玉露」を飲んだことがありますがその際、
茶殻をポン酢で食べました。
食べた感想としては、かなり硬いホウレンソウのお浸しという感じです。
美味しいかどうかはかなり悩みますが、玉露の栄養を100%摂り込むのなら、
こうした使用方法もありと中坊進二は考えます。

gyokuro

その他の使用方法でしたら、消臭剤代わりに使うと良いでしょう。
しっかり乾燥させる必要はありますが、その後はガーゼなどにくるんで、
タンスや衣装ケース、下駄箱などに収納します。
茶殻が乾燥剤や脱臭剤の役割をしてくれますよ。
茶殻は抗菌作用があるので、シンクの殺菌にもオススメです。
マニアックな用途でしたら、タタミの上に生乾きの茶殻をばらまいて、
ほうきで集めるのも良いでしょう。
ゴミが取りやすくなりますし、茶殻の湿気がホコリを抑えてくれます。
ただし、タタミでしか効果がないので、
今のフローリング中心の住宅には難しいかもしれませんね。
中坊進二の家にはタタミがありますが、犬が粗相をするので、
全面に渡ってブルーシートを敷いています。

tatami

茶殻製品は現在、100種類もあるのですから驚きです。
茶殻入り段ボールはなかなか興味深いと中坊進二は思います。
そうした段ボールで運ばれるペットボトルのお茶は、
かなりユニークと言えそうですね。