中坊進二は今まで「土用の丑の日」について色々と誤解していました。
まず、土用の丑の日は土曜日ではありません。
しかも1回でもありません。
今年は、7月25日(火)と8月6日(日)になります。
土用の丑の日って2回あったんですね。
とも思っていましたが、年によって回数は異なるようです。
それと節分のように、年に4セットあるとのこと。
立春、立夏、立秋、立冬の18日前が土用の日になるそうです。
あと、丑の日の定義もありますが、説明が長くなるので割愛します。
むしろ、中坊進二の頭では理解できませんでした。

doyou

土用の丑の日にウナギを食べる理由ですが、
一番有力な説は「ウが頭に付くから」になります。
丑の日にちなんで、
ゲン担ぎとしてウがあたまに付く食べ物を挙げたそうです。
もしくは、平賀源内がウナギ屋から
ウナギが売れないことを相談されたとも言われています。

そして、中坊進二が最も勘違いしていたこととして、
ウナギの旬は冬です。
ウナギが売れなくて困っていることから分かる通り、
この時期のウナギは美味しくありません。
売れ残っているからこそ、こうしたキャンペーンが始まったのです。
なお、養殖ものだと旬は関係ないと言われています。
中坊進二にはそのあたりの真偽は分かりませんが、
養殖ウナギを出す牛丼チェーン店でしたら、旬を気にせず食べられそうですね。
なお、天然ものの旬は冬ですが、ウナギは4〜12月に掛けて獲れます。

cultivation

また、中坊進二が考えるに、
夏季にウナギを食べるのはスタミナを付けるためかもしれません。
夏バテで弱り切っている身体を、ウナギで栄養補給させるという作戦です。
例え養殖ウナギだとしても、ウナギの栄養価は非常に高いと中坊進二は考えます。
ピリリと刺激のある山椒とセットで食べれば、食欲も湧くというものです。

最近、中坊進二はウナギモドキをスーパーで見かけるようになりました。
タレこそウナギですが、その肝心の肉を他の練り製品を使って代用するそうです。
豆腐もあるかもしれません。
そして本物の国産ウナギの3分の1以下のお値段なので、かなり人気のようです。
中坊進二もちょっと食べてみたいです。

eel

ニホンウナギは絶滅危惧種に指定されています。
養殖ウナギも野生のニホンウナギの稚魚を使うため、
養殖ウナギを食べれば食べるだけ絶滅に向かって
着実に進んでいると中坊進二は考えます。
完全養殖に成功したと7年前に発表されましたが、
そのあたり今はどうなっているのでしょうか?

fry