タバコが地球上から無くならないのは、
美味しいからです。
快楽物質が出る嗜好品であるため、
多くの方はお金を払ってでもソレを求めます。

tobbacco

中坊進二は酒もタバコも嗜みませんので、
それらの嗜好品の良し悪しは理解できません。
しかし明確に禁止しても、
タバコが無くなることはないと中坊進二は考えます。
少なくとも、アメリカの禁酒法と同じ末路を辿るのは、
誰の目にも明らかでしょう。
そもそも日本は江戸時代に何度も禁煙法を発令したようですが、
すべて失敗に終わっています。

中坊進二はタバコをやりませんので、
正確な値段は知りませんが、今は大体400円くらいだと思っています。
そしてそれは日本の価格です。
フランスだと1箱1,300円とも言われています。
1日に何本も吸うヘビースモーカーでしたら、
給料の10%はタバコで消えてしまうかもしれませんね。
日本でも月の給料が50万円でしたら、
1日に1箱も吸っていれば
給料の2.4%はタバコで消えていることになります。
ライター代もありますので、
実際はほんのちょびっとだけ高いかもしれませんね。
当然、中坊進二はライターの値段も知りません。
映画とかのハードボイルドが使っているライターは、
どこで買えるのでしょうか?

zippo

タバコの消費量は発展途上国で多いと言われています。
本当に給料の10%をタバコで消費していると言われているそうです。
と言うより、他に娯楽がないのかもしれません。
酒もギャンブルもないと、
タバコくらいしかやることが無くなると中坊進二は考えます。
これが日本でしたら、スマホ一台あれば、
娯楽で困ることはないでしょう。
中坊進二も電池とAPが続く限り、
いつまでもスマホでゲームをし続けられます。

tobbaccoshop

東京スカイツリーの南には「たばこと塩の博物館」があります。
ちなみに「たばこ」と「塩」はそれぞれ全く異なる製品ですが、
これら2つは同じ組織が販売していましたので、
同時に展示を紹介しているのです。
そしてその博物館には面白いタバコが展示されています。
エジプトの水タバコは、非常に興味深いと中坊進二は思いました。
専用のチューブから煙を吸うあたり面白そうですが、
タバコと違って副流煙も全部吸い込んでそうなので、
有害度は非常に高そうです。

tobbaccomuseum

ちなみに渋谷には水タバコを体験できる喫茶店がありますが、
健康を考慮して、ニコチンを抜いた水でやっているそうです。
フルーツ系のフレバーなので、ハーブというより、
ジュースの香りを嗅ぎ続ける感じですね。
中坊進二もちょっと試してみたいです。