利用者によって料金が変わることは珍しくありません。
中坊進二は大人の成人男性なので、
子供料金やレディースメニューなどは利用出来ません。
なお、マックのハッピーセットは大人でも普通に買えますよ。
中坊進二は高校の時にポケモンカード欲しさに通い詰めたものです。

happyset

利用者の性別と年齢で利用料金が異なるものの
代表格は食べ放題だと中坊進二は思っています。
成人男性のエンゲル係数は女性や子供よりも遥かに高いです。
例え、利用者の体格がどんなにビッグでもミニマムでも、
そうしたものに関わらず、性別・年齢で区別していることが多いです。
ちなみに中坊進二は小食なので、
食べ放題は全くと言っていいほど利用しません。
「大盛りでも料金は一緒ですよ」と言われても、「並で」注文しています。
あと、映画館に行けばレディースデーというのがありますよね。
あれは女性の利用者が少ないことから、
こうしたキャンペーンを実施して集客を増やそうという
狙いがあると中坊進二は考えています。
客が0人では経営が成り立たないので、安売りしてでも集客しようとし、
映画館はこうしたことを行っていると考えます。

movie

他にも会員割というのはありますよね。
auの「三太郎の日」のように、auユーザーに限り、
特定の商品を無料で利用できるクーポンを配っています。
ちなみに中坊進二はこの前、ダブルチーズバーガーを食べてきました。
ソフトバンクも吉野家で牛丼一杯無料というのを金曜日にやっていましたよね。
会員のみが安く利用できるエステや、
会員だけが利用できる保養所など、意外と会員割は多いです。

とりあえず、年齢・性別・会員の3種類で
それぞれ利用料金を変えるシステムを日本は採用しています。
逆に言えば、これ以外の特徴で利用料金を変えることは
NGという空気があるみたいです。
例えば、人種。
特定の人種は料金を10倍にするのは、基本的に認められていません。
客ごとに時価を設定するのはお店の自由ですが、
消費者の気持ち的にそうしたものは認められていないのです。
恐らくそうした自由設定の値段が許されているのは、
ブラックジャックだけでしょう。
「金はある奴からもらう」はある意味至言だと中坊進二は思っています。

money

体格で利用料金を変えるシステムもあまり流行っていません。
あまり知られていませんが、実は外科手術は体格で料金が変わっています。
しかし、ダイエットエステは体重で料金を変えることはほとんどありません。
バスや電車も、重量で乗車賃が変わることはないですよ。
中坊進二は平均よりもミニマムなので、
電車賃が変わるとしたらお得になるかもしれませんね。

este