金箔を使った料理は多いです。
最近、中坊進二が気になる料理に
「金肉ステーキ」というのがあります。
筋肉はあまり関係なく、
オーストラリア産のモモ肉に金箔を貼っただけのものになります。
価格は839円なので、金箔料理においては
リーズナブルと言えなくもないです。
店主曰く、イメージとしては「金の延べ棒」とのこと。
1日限定5食までで、電話予約が必須。
また、2人以上から注文が可能なので、
中坊進二は誰か誘って行きたいと思います。
なお、1テーブルに1食までなので、
ケンカして食べることになるかもしれません。
営業時間は夕方から23時半までなので、
会社がある日でも行けそうです。
と言うより、金曜限定のメニューなので、
会社が休みだと食べられません。

goldmeat

金箔を使った料理はかなり多いです。
中坊進二が見たことがあるものでしたらソフトクリームがあります。
豪華すぎて、どこから齧ればいいか迷ったほどです。
他にもケーキの一部にトッピングとして
載せることは多いかもしれませんね。
中坊進二は見たことありませんが、恵方巻きとか日本酒とか、
サラダとかにも金箔を使う事もあるようです。

goldsoft

有機金属は基本的に猛毒です。
水銀をちょっとでも摂取したら、人間なんてイチコロでしょう。
銀や銅もアウトです。
中坊進二もそういった物質は舐めないようにしています。
しかし金だけは何故か大丈夫。
金箔をどんなに食べようとも、消化されずそのまま排泄されます。
栄養素も皆無なので、
本当に見た目を良くするだけの付属物なのです(食品ですらない)。
ただし、金属アレルギー持ちの方はやめた方がいいでしょう。

mercury

ところでこの金箔はいくらくらいするものなのでしょうか?
1kg○円というのはそれなりに目にしますが、
まず金箔がどれほどの重さなのか中坊進二は知りません。
調べたところ「本金箔四号色断切三六」というのが、
270円から2,235円で買える模様です。
食用の金箔フレークは18グラムで1,490円になります。
純度としては23金くらいのようです。
ふりかけ感覚で食べるにはかなり勿体ないと中坊進二は考えます。

goldleaf

しかし何故人類は金を食べるようになったのでしょうか?
中坊進二にもその辺りはサッパリ分かりません。
黄金のパワーにでも魅かれたのか、
体内摂取することで
何か超人的な力を手に入れようとしたのでしょうか。
皮膚の色を金ぴかにすれば、
耐久度が増すとでも思ったのかもしれませんね。

ちなみに食べる銀箔というのもありますよ。
一応、安全のようです。