中坊進二が一番利用しているコンビニは
ファミリーマート(以下、ファミマ)です。
その理由は至極単純で、職場に一番近いのがファミマだからです。
ちなみに二番目に近いのもファミマです。
一応、自然素材を売りにしたナチュラルローソンもありますが、
値段がちょっとお高いので中坊進二はほとんどソコに行きません。
ほかセブンイレブンもありますが、
通勤路から外れるため通勤時に利用することはありません。
ランチ時でも時々しか利用しません。
基本的にこの3つのコンビニを中坊進二は利用しています。
ミニストップとかサークルKサンクスとか
そのほか名も知れぬ個人商店のコンビニは、
中坊進二が働くオフィス周辺に一切ありません。

naturallawson

さてコンビニの中で中坊進二が一番利用しているファミマですが、
そこまで大それた特徴がある訳ではありません。
ナチュラルローソンのような特色があれば別ですが、
ファミマの質はローソンやセブンイレブンと全く変わっていないと思います。
少なくとも中坊進二の中では、
100m遠回りしてでも行きたいと思えるような特別な何かがある訳ではありません。
もしも中坊進二が働くオフィス周辺にあるのがローソンでしたら、
中坊進二は普通にローソンを一番利用することになっていたでしょう。
選ばれている理由は立地だけだと中坊進二は思っています。

famima

と言ってもこうしたコンビニに「質においての優位性」が存在してしまったら、
日本に現存するコンビニはそれだけになってしまうでしょう。
独占禁止法という問題がありますが、
そもそもこういった業種は独占できない背景があります。
ある程度近いレベルの競争相手が居るため、
そこを出し抜くのは非常に困難なのです。
少なくとも、そのコンビニの本社に
巨大隕石でも落ちてこない限りどうにもならないでしょう。

それぞれのコンビニの弁当・惣菜・菓子にはそれぞれの味付けというものがあり、
それらが好きと感じる人が居るかもしれませんが、
100万人程度で統計を取れば、やはりそれぞれ綺麗に分散すると思いますよ。
中には馬券みたいに好きなお馬さんだけに投資する方も居ますが、
大抵の方はそこまで思い入れを持たずに利用すると思います。
そして中坊進二のように一番近いという理由だけで利用するのではないでしょうか。

lunchbox

だからと言って365日常に同じ店を利用するのは稀でしょう。
100m程度の誤差でしたら、
朝の忙しい通勤時間以外でしたら寄り道することもあると思います。
そして同じ店を利用しない理由のひとつに「飽きてくる」というのがありそうです。
毎日セブンイレブンの弁当だと飽きてきますが、
そのほかのコンビニの弁当をローテーションで回していけば、
何とか飽きずに食べられると思いませんか?
中坊進二はそんなに飽きるほど食べていませんが、
給食代わりに毎日コンビニでお弁当を買っていく中学生からしたら、
そういったことはかなり重要だと考えます。

lunchbox2