セブンイレブン、ファミリーマート、
ローソンはそれぞれサンドウィッチを売っています。
そしてミックスサンドのカテゴリーでしたら
ファミマが一番具だくさんとのこと。
ローソンより20円高いですが、
卵は他の追随を許さないほど使われています。
三社ともツナ・野菜・卵の配合量が違いますので、
それ目当てで食べ分けるのが良いかも。
でもネット上の声はセブン一択。
やはり皆さん味を求めているようです。
中坊進二も今度ちょっと遠出してセブンイレブンに行きたいと思います。

sandwich2

コンビニのサンドイッチはかなり新鮮です。
いつ頃リニューアルしたか忘れましたが、
レタスがかなりシャキシャキになりました。
まるでモスバーガー並のシャキシャキ具合です。
少なくとも中坊進二の家で作るのよりかは遥かにシャキシャキです。
色々と細かい技術が使われていると中坊進二は考えます。
何となくですが、包装紙の開封の仕方もグレードアップしているかも。
昔に比べてちょっとだけ開けやすくなったと思いませんか?

lettuce

最近は本当に色々なサンドイッチが登場しています。
一般的なサンドイッチは食パンの白い部分を
二等辺三角形に切るものだと思います。
しかしそうした括りは無くなりつつあります。
直方体のサンドイッチや正方形のサンドイッチ、
耳ありのサンドイッチなどが登場しています。
最早挟めれば何でもいいのか、
コッペパンや丸パンにサンドイッチの具材を投入したのも。
やっぱり三角形は食べにくいのかもしれませんね。
中坊進二も両手を使って食べていますよ。
特に300円を超える具材てんこもりシリーズは
片手で食べたら確実に中身が零れます。
片手で食べられるのがサンドイッチの売りでしたが、
具だくさんにすると片手食いがかなり難しくなると中坊進二は考えます。

dogbun

コンビニのサンドイッチは基本的にコールドで食べます。
電子レンジで温めることは基本的にありません。
中坊進二一度お願いしたら、怪訝な顔をされました。
「これは温めないで食べるものです」とやんわりと断られました。
しかし中には温めるものがあります。
正確には「焼く」ものです。
分類としてはホットサンドと呼ばれており、
今の朝食のトレンドにもなっているそうです。
中坊進二の母もホットサンド作り機が気になる様子です。
具材は普通のサンドイッチと全く同じですが、
それを焼くことでいつもと違った味を楽しむことが出来ます。
コンビニのサンドイッチを家に持ち帰って
トースターで焼いてみませんか?
卵やツナあたりは中坊進二のおすすめです。

hotsand