お小遣いの少ない中学高校生にとって、
拝観料はかなりのネックになると思います。
おやつは300円までの感覚で
「持っていけるお金は3000円まで! バス代込み!!」
には参ったものです。
中坊進二の修学旅行はそんな感じでした。
京都ではありませんが奈良の法隆寺の拝観料はたしか1000円なので、
それだけでお小遣いの3分の1は持って行かれてしまいます。
そうすると他の寺院の拝観、
もしくはお土産を買うのを諦めなければなりません。

3000yen

修学旅行に行く前に学校で、
コース・所要時間・拝観料・交通費をすべて計算して
先生に提出した記憶があります。
拝観料をケチって、寺社の門の前で写真を撮って拝観したことにした、
というのは今にしては良い想い出です。
そんなお金に困っている修学旅行生のために、
今回中坊進二は無料で見学できる京都の名所を紹介したいと思います。
京都は意外なほど、拝観料が無料なところが多いんですよ。


【西陣織会館】at 京都市上京区
その名の通り、西陣織を見学できる施設です。
1階では約1時間おきに着物ショーが行われ、
2階では手織りの実演を見ることが出来ます。
また、蚕の飼育やジオラマ展示、ビデオ映像、
各種資料なども見ることが出来ます。

nishijin

【西本願寺】at 京都市下京区
京都駅から北に徒歩15分ほどのところにあります。
皆さんが泊まるホテルの場所がどこかは分かりませんが、
この辺りには修学旅行生が泊まるホテルが多く並び、
もしかしたら徒歩で西本願寺まで行けるかもしれませんよ。
門が国宝に指定されていますので、ササッと集合写真を撮って、
次のスポットに向かいましょう。

nishihonganji

【伏見稲荷大社】at京都市伏見区
外国人が選ぶ京都の観光スポットNo.1にも選出されています。
大小合わせて約1000本もの朱い鳥居が続くさまは、
多くの人を魅了していると思います。
ここはナイトスポットも人気ですが、
門限のある修学旅行生にはちょっと厳しいかもしれませんね。
中坊進二は、大人になってから参拝しました。

inari

【京都御所】at京都市上京区
厳密に言えば無料ですが、事前に予約が必要となります。
また、時期によっては儀式等が入ってしまい、
その際は見学することが出来ません。
中坊進二も一度だけ拝観したことがありますが、
他の観光名所とは違う独特な雰囲気を味わうことが出来たようで、
予定が決まっている人は一度は行く価値が大いにあると言っています。

gosyo


他にも探せばいくつもの京都の名所はあります。
宿泊ホテルの近くにその名所があったら、
中坊進二が紹介したこれらの観光スポットに行かれてはいかがでしょうか。