一般的な焼き鳥は、炭火で焼くと中坊進二は思っています。
自宅でしたら、フライパンで焼いても良いかもしれませんね。
ただし最近は、焼き鳥専門店でもガスを使うところが出てきています。
備長炭は高いので、安価に焼けるガスの方が人気なのかもしれませんね。

yakitori

焼き鳥は素人でも簡単に作れます。
肉の解体は大変ですが、
最近でしたら業務用の冷凍焼き鳥が通販で売られていますので、
それを購入するのが良さそうです。
学校の文化祭では、そうしたものを使っているみたいですよ。
焼く手順はありますが、
それさえ守れば誰でも簡単に焼き鳥を作ることが出来るのです。
中坊進二にだって出来そうです。
ただし、焦がさないように常に監視しておかないといけません。
少し焦がした方が美味しいですが、真っ黒にしないようにご注意ください。
ミシェランに載るレベルの焼き鳥は中坊進二には無理ですが、
みんなでBBQする程度でしたら、適当に焼くだけでも美味しいですよ。

bunkasai

話は変わって、タイでは太陽光を使って焼き鳥を作る人が居るそうです。
いま、ネットでその話題で持ちきりになっています。
中坊進二もかなり驚きました。
その方法ですが、
鏡を1000枚使って虫眼鏡みたいに光を集中させて焼くそうです。
調理人は目を光でやられないように、溶接作業用のマスクを装着しています。
特徴としては、まず、ガス代が無料なところ。
そして炭臭くないのが特徴です。
炭火焼の香りに飽きた方には、この店の焼き鳥が良いかもしれませんね。
なお、焼き鳥と呼称していますが、中坊進二が動画を確認したところ、
どう見てもクリスマスに食べるようなターキーにしか見えません。
日本の居酒屋でよく見かける串焼きではありません。
一応「焼いて」いるので焼き鳥ですが、
日本のイメージは通用しない感じですね。

sunpower

調理としての「焼く」は、ガスか木材を使ったものが主流です。
太陽光で焼くというのは、かなりの例外となります。
ただし「焼く」という手段は他にもいくつかあります。
石油や灯油で焼き鳥を作っても良いかもしれません。
「焼く」ではなく「煮る」「蒸す」「茹でる」「炙る」「照らす」
「レンジでチン」など、食材に熱を加える方法はいくつもあります。
中坊進二も電子レンジには良くお世話になっています。
中坊進二は行きませんが、高級そうなお店でも、
ガスバーナーで鶏肉を焼くこともあります。
中坊進二のいきつけの立ち食い寿司屋ですが、
炙りサーモンはガスバーナーで炙っています。
ワインのフランベとかもありますよね。

flambe